アンチエイジングでお肌救済ブログ

アンチエイジング

 

アンチエイジング。
もっと若い頃からいろいろ始めてれば、どんなによかったか…、と思う今日この頃。
40代を超える頃になって、しみじみと肌の衰え、それだけではなく体の衰えを痛感しています。
中でも新陳代謝の衰えは目を覆うばかりです。

 

誰もが通る道…
だからと言って諦めるわけにはいきませんよね。
スタートはいつでも切れます!
アラフォーだって…というより、アラフォーだからこそ、アンチエイジングを始めなくて!
特に、アラファーからのアンチエンジングは中身を濃くいきたいものです。

 

アンチエイジングブログ

 

先ずはお湯。

 

アラフォーになると体のあちらこちらから冷えてきます。
手足はもちろん、内臓も冷えてしまいます。
冷えると、内臓の働きも新陳代謝も悪くなります。
そして血行も悪くなります。
血行が衰えると、体はどんどん年をとります。

 

お湯で体をゆっくり温めるのはもちろんのコト、出来るだけ多くの機会にお湯を飲むようにします。
少なくとも朝晩。
朝起きて、お湯。
湯上りにも、お湯。
寝る前にも、お湯。
この3回は守ります。
その他にも、ご飯の時や喉が渇いたときにもお湯。
お湯…と言っても、熱湯ではなく白湯ですよ。

 

それから、柔軟をしましょう。
激しい運動もいいけれど、アラフォーになったら無理なく、固まった腱や筋肉を伸ばし、それからゆっくり鍛えましょう。
朝、ちょっとだけ早く目覚ましをかけて15分だけでも布団の上でストレッチをして、体をほぐしてから、1日をスタートさせます。
そして寝る前にも、ちょっとだけ体をほぐしてから、睡眠に入ります。
いつもより、体が休まります。

 

お湯とストレッチ。
これだけでも、体はだんだん若返ります。
もちろんアンチエイジングは簡単にはいきませんよね。
毎日、無理なく少しづつでも続けるコトが大切です。
アンチエイジングというと話題の酵素やプラセンタ・スムージーヒアルロン酸といったものを取り入れたやり方だったり、加圧トレーニングによってダイエット効果と同時にアンチエイジング効果を効率的に得るというようなやり方などがありますが、このアンチエイジング効果は睡眠の取り方によっても左右されると言われています。

 

 

アンチエイジング効果が期待できるようになる睡眠の取り方として重要だとされているのが、質の良い睡眠をとるということです。
質の良い睡眠をとることで、アンチエイジング効果を得るために必要となる成長ホルモンの分泌を多く促すことができることにより、健康的になったり老けにくくなったりすることが出来るのです。

 

睡眠の質を上げるには寝る前に体温を上げておくとよいとされています。

 

具体的な方法としては寝る3時間前までに温かくて辛い食事を摂っておき、寝る2時間前にストレッチなどの軽い運動をし、寝る1時間前に入浴(40℃くらいで10~20分程度)をし、就寝する直前にホットミルクといった温かい飲み物を飲むという方法です。

 

あとはもうすぐ就寝をするという場合には事前に部屋を薄暗くしておいたり、パソコンやスマートフォンなどのブルーライトは浴びないようにしたり、床についたらリラックできるような音楽を聴いて脳波をα波優位の状態にして眠ることで質の良い睡眠を得ることができます。

特集U1_top1